本文へスキップ

漢検問題の傾向/漢字検定

漢検 合格

漢字検定合格の秘訣

漢検問題の傾向

特長1 幅広い出題分野により漢字能力を的確に測定

漢検は、漢字の意味を理解し、 文章の中で適切に漢字を運用する能力を測るために、漢字の読み・書きの問題に加え、熟語の成り立ち・意味・誤字訂正・部首・筆順の問題など幅広い分野から出題しています。



特長2 記述式中心の問題で総合的な漢字能力を測定

漢検は、日常生活のどのような場面でも通用する、総合的な漢字能力を測定するため、出題形式は記述式中心となっています。



特長3 基礎から応用まで漢字能力を段階的に身につけられる級設定

漢検の級は、1〜10級の12段階に分かれています。各級は小学校・中学校・高校の学習指導要領に準拠していますので、学習者それぞれの意欲や実力に応じて、目標級を設定し、ステップアップすることができます。



特長4 難易度が一定な検定問題

検定試験は、「同じ実力の人が受検すれば、つねにほぼ同じ点数になる」という難易度の一定した品質の高い問題を提供することが求められています。漢検は、検定問題の難易度が平準化されていることが、項目応答理論による科学的分析からも確認されています。

漢検合格通信講座


 漢検 講座 【生涯学習のユーキャン】

 1日わずか30分の学習が60レッスンで漢字検定2級に合格できるように作られています。

レッスンは以下の3ステップで効率良く学習できます。

Step1) 面白くてためになる講話からスタート!
Step2) 「今日の漢字」で着実にマスター
Step3) 定着問題で力だめし