本文へスキップ

審査基準の変更/漢字検定

漢検 合格

漢字検定合格の秘訣

審査基準の変更

平成22年(2010年)11月30日付けで改定された常用漢字表が告示されました。常用漢字表は社会で必要とされる漢字の基準です。漢検は社会や学校教育で必要とされる漢字能力の習得の度合いを測定する検定であるため、常用漢字表の改定に合わせて、すべての常用漢字を読み書き活用できるレベルである2級の審査基準を改定しました。また、2級に向けてより段階的に学習しやすいよう、現行の級のレベル(例:「3級=中学卒業程度」など)を勘案したうえで、準2級〜10級の審査基準も見直しました。

平成24年度第1回から新しい審査基準での検定を行います。


対象漢字数・字種に変更があるのは、2級、準2級、3級です。


■2級

常用漢字 2136字

平成22年11月30日付内閣告示による「常用漢字表」にある2136字すべて。

※昭和56年10月1日付内閣告示による旧「常用漢字表」の1945字から、「勺」「錘」「銑」「脹」「匁」の5字を除き、平成22年に常用漢字に追加された196字(「挨」、「宛」など)を加えたもの。

■準2級

常用漢字のうち 1940字

昭和56年10月1日付内閣告示による旧「常用漢字表」の1945字から、
「勺」「錘」「銑」「脹」「匁」の5字を除いたもの。

■3級

常用漢字のうち 1607字

現行の審査基準で、3級対象となっていた1608字から、「脹」の1字のみを削除したもの。


漢検合格通信講座


 漢検 講座 【生涯学習のユーキャン】

 1日わずか30分の学習が60レッスンで漢字検定2級に合格できるように作られています。

レッスンは以下の3ステップで効率良く学習できます。

Step1) 面白くてためになる講話からスタート!
Step2) 「今日の漢字」で着実にマスター
Step3) 定着問題で力だめし